サクッと紹介!
  • 「デリケートゾーンが黒ずんでいるか」は自分の肌の色が基準となる
  • 日本人女性のデリケートゾーンは、ライトブラウンやブラウンが多い
  • 簡単なセルフチェックでできる「あなたのデリケートゾーンの黒ずみレベル診断」

ヒトの皮膚色はメラニンによって決まります。このメラニンに関わる遺伝子は150以上知られていますが、人種間・人種内の皮膚色の違いに関わる遺伝子はほとんど分かっていません。

メラニンは同じ人種でも、人により量が違います。そのため日本人の中にも、紫外線にあたり肌が赤くなる方と、肌が小麦色に焼ける方がいます。デリケートゾーンの黒ずみも個人差があるのです。

しかし自分のデリケートゾーンの黒ずみは普通なのか気になるけど、目に見えない部分なだけに、一人で悩みをる女性は多くいます。そこで「平均的なデリケートゾーンの色がどのくらいか」調査しました。

平均的なデリケートゾーンの色がどのくらいか
  • 「みんなのデリケートゾーンの黒ずみレベルが気になる」
  • 「もしかして自分だけ黒いの!?」
  • 「デリケートゾーンの色はどのくらいが平均?」

友達と「デリケートゾーンの悩み」をガールズトークできたらいいですが、話題になる機会も少ないのではないでしょうか。

ピンク色のデリケートゾーンに憧れている女性は多いですが、調査すると黒ずんでいる方も多数いました。やはり彼氏や旦那に見られるなら、清潔感のある色を目指したいですよね。

さらに女性のデリケートゾーンの黒ずみについて、メンズ3人にぶっちゃけトークをしてもらいました。

デリケートゾーンの黒ずみ度合いは自分の肌が基準

デリケートゾーンの色がどのくらいかは、みんなと比べないでください。デリケートゾーンが黒ずみになっているかどうかは、あなたが持って生まれた肌の色が基準となります。
たとえば地黒の女性と、色白の女性がいた場合、2人ともデリケートゾーンの色が茶色であれば、色白の女性の方が黒ずみになっていると考えられます。

地黒の女性と、色白の女性の肌の色比較

デリケートゾーン デリケートゾーン以外
地黒の女性

ブラウン

ベージュブラウン
色白の女性

ブラウン

ホワイトベージュ

つまりデリケートゾーンの色は、他人と比べず、自分の肌を基準に「黒ずんでいるか」判断するのが正しいのです。

デリケートゾーンがどのくらい黒ずみになっているか知る方法

自分が本来もっている肌の色は、内ももや腕の内側を見ればわかります。内ももや腕の内側はデリケートゾーンと同じぐらい皮膚が薄いので、黒ずみレベルの判断基準となります。

デリケートゾーン(VIOライン)のVラインは、自分の目で見ることができるでしょう。IラインとOラインは、鏡をまたいで黒ずみレベルをチェックしてくださいね。

自分のデリケートゾーンをチェックした方は、どのくらいの色でしたか?日本人はメラニン色素が白人の方より多いため、少しはデリケートゾーンに黒ずみがあります。またデリケーゾゾーンは生理用ナプキンや下着の摩擦刺激もうけるため、メラニン色素が生成され、黒ずみやすい部分です。

VIOラインの位置について

デリケートゾーン(VIOライン)の位置がわからない方のために、補足説明しておきます。

  • Vライン:太ももとデリケートゾーンの間(そけい部)
  • Iライン:尿道や膣まわり、ビラビラのある所
  • Oライン:肛門まわり

デリケートゾーンの黒ずみの色はどのくらいが平均?

日本人女性のデリケートゾーンは「ライトブラウンからブラウン」が平均とされています。

デリケートゾーンが「赤黒い色」をした女性も多いです。

年齢とともに肌のターンオーバーは遅れるため、デリケートゾーンの黒ずみが残りやすくなります。そのため10代より20代や30代の方の方が「デリケートゾーンの黒ずみが濃い」と感じやすくなります。

デリケートゾーンの黒ずみは割合的に小陰唇と大陰唇が黒くなりやすい。

Iラインに近い小陰唇と大陰唇の黒ずみを気にする女性も多いです。Iラインは自分の目で確認しにくい位置にあるので、黒ずみに気づかず長年放置されるケースもあります。

  • Vライン:ライトブラウン~ブラウン
  • Iライン:濃いグレイ~ブラック

ちなみに小陰唇や大陰唇の黒ずみは、整形手術で治療する方法もあります。

デリケートゾーンの黒ずみレベルを簡単にチェック!

自分のデリケートゾーンの黒ずみレベルがどれくらいか知りたい方は、次の「デリケートゾーンの黒ずみレベル診断」であてはまる項目を数えてみましょう。

デリケートゾーンの黒ずみレベル診断

さて、あなたはいくつチェックがつきましたか?
それでは、デリケートゾーンの黒ずみレベル診断の結果を見ていきましょう!

  • 0~2点:ピンク色

    キレイなデリケートゾーン。皆が憧れる色間違いなし!
  • 3~4点:ベージュ~ライトブラウン

    日本人女性の平均。下着や生活習慣を見直してみて!
  • 5~7点:ダークブラウン

    早急にデリケートゾーンの黒ずみ改善をはじめた方がいいでしょう。
  • 8~10点:真っ黒

    美白に1年以上かかるレベルだけど、改善の余地はあるから諦めないで。

デリケートゾーンの黒ずみレベル診断で「5点以上」だった方は、今から黒ずみ改善法を行いましょう。デリケートゾーンの黒ずみが濃い人は、お手入れをすればするほど変化が見えるので、やりがいがありますよ!

男性に聞いた!デリケートゾーンの黒ずみの色はどれくらいなら許せる?

女性のデリケートゾーンの黒ずみについて、男性はどう思っているか気になりませんか?彼氏や旦那に「私ってアソコ黒い?」と聞くのは勇気がいると思います。

そこで、私の何でも話せる20年来の幼馴染に、男友達を集めてもらうことにしました。私の幼馴染とその友達2人に「女性のデリケートゾーンの黒ずみ」の質問をし、本音でトークしてもらいました。

協力してくれた3人
  • ショウタ:私の幼馴染 / 食品メーカー勤務 / 25歳 / 明るい
  • カズオ:ショウタの昔の後輩 / 住宅アドバイザー / 24歳 / 真面目
  • マサシ:ショウタの飲み仲間 / デザイナー / 29歳 / 几帳面
女性のデリケートゾーンの黒ずみを発見したらどう思う?

ショウタ「しっかり洗えていなくて、汚れているのかな?って思う」

カズオ「アソコの黒さは経験人数に比例するって聞いていたから、好きな人なら許せるけど、遊んでそうと思いますね」

マサシ「オレは見なかったことにする!」

ショウタ「結構気にするんですね」

マサシ「ムードが台無しになるから、即電気を薄暗くする笑」

「デリケートゾーンの黒ずみは、「汚れ説」も「経験人数多い説」も違いますよ」

ショウタ「じゃあ、なんでアソコが黒くなるんだよ」

「女子のデリケートゾーンはデリケートだから、刺激や摩擦で黒くなっちゃうの。だからもし彼女のアソコが黒くても汚いとか、遊んでるってイメージはもたないであげてね」

ショウタ「お、おう……。でも、イメージよくないよ笑?」

ここでメンズたちに、「日本人女性の平均的なデリケートゾーンの色(茶色)」を紙に印刷し、見てもらった。

「ジャーン、これが平均的な、みんなのデリケートゾーンの色です!」

しばらく沈黙が続く……

ショウタ「いきなり見せられても笑!」

カズオ「思ってたより黒かった……マジマジと見てなかったから。」

マサシ「え、オレより黒いよ?やっぱり洗ってないでしょ」

「マサシさん!洗っていてもデリケートゾーンは黒ずむものなんです。
質問どんどん行きますね」

デリケートゾーンのはどのくらいの色だと嬉しい?

ショウタ「絶対ピンク!」

カズオ「ピンクかベージュ」

マサシ「ベージュ。茶色とか黒色でなければいい」

「男性陣はデリケートゾーンの色が薄い方がいいみたいですね」

彼女や嫁がデリケートゾーンの黒ずみ改善商品を使っていたらどう思う?

ショウタ「そんなのあるの?あるならぜひ黒ずみを改善して欲しい」

マサシ「うん、わかる。キレイになろうと努力する姿勢がいいし、黒ずみがなくなったら、さらに惚れなおすね」

カズオ「デリケートゾーンの商品は賛成だけど、怪しい商品に騙されていないか心配」

「カズオくん彼女想いだね!今デリケートゾーンの商品は多く出ていて、私や友人もみんな黒ずみ改善商品を使ってるよ」

カズオ「それは知らなかったです。売れてる商品なら安心できそうですね」

美容外科などで、デリケートゾーンの黒ずみ治療することはどう思う?

ショウタ「でもお高いんでしょ?」

「10から30万することもあるよ」

ショウタ「えっ!!高すぎるよ」

カズオ「彼女が30万円の黒ずみ治療を受けていたら引きます」

マサシ「手術とか塗り薬は、後遺症や副作用が怖いしなあ」

ショウタ「たしかに。デリケートゾーンの黒ずみをなくすためだけに、高いお金と健康を犠牲にするのはちょっと……」

最後に一言

ショウタ「もっとピンク色の女の子が増えてほしい!オレもデリケートゾーンをお手入れしたくなった笑」

カズオ「デリケートゾーンの黒ずみ商品が人気とわかりました。彼女にも教えてあげたいです」

マサシ「黒ずみもだけど、ニオイを改善して欲しい。あと美容外科で高いお金を出してまでやる必要はないと思う。」

「デリケートゾーンの黒ずみについて、男性目線の意見が聞けてよかったです。マサシさん、カズオくん、ショウタ、ご協力ありがとうございましたー!」

デリケートゾーンはどれくらいか、黒ずみレベルにあわせて改善しましょう

デリケートゾーンの色の程度は個人差があるので、「どれくらいが平均なの?」と比べる必要はありません。しかし、デリケートゾーンは加齢により年々黒ずみやすくなるので、30代や40代のことを考え、20代から早めに手を打つことが大切です。

また男性は女性のデリケートゾーンの黒ずみを気にするとわかりました。しかも「汚れている」とか「遊んでいる」と男性に勘違いされる場合もあるので、デリケートゾーンの黒ずみはなくした方がいいですね。

えっ、ほんと?友達に喋りたくなる話

Twitterでフォローしよう