アットノン

サクッと紹介!
  • アットノンexは乾燥・炎症・ターンオーバーに働き、アソコの黒ずみを徐々に改善する
  • しかし口コミや成分を調べるとアットノンはデリケートゾーンの黒ずみに効果が弱かった
  • アットノンは肌に刺激性があり、副作用リスクもあるため陰部に不向き

有効成分ヘパリン類似物質が血行を促進し、傷あとのターンオーバー(新陳代謝)を促進します。

「ヘパリン類似物質」は、乾燥肌の治療に処方されるヒルドイドの主成分です。ヘパリン類似物質はターンオーバー促進作用による、色素沈着部分の排泄効果が期待できます。そのためアットノンを使うと、デリケートゾーンの黒ずみ改善につながる可能性があります。

アットノンは、
  • 1.ターンオーバー促進
  • 2.保湿
  • 3.抗炎症

上記3つの効果が望める製品です。

ナス子
小林製薬さんは、おもしろい名前の商品を出しますね。「跡がない(ノン)」から「アットノン」。

ミト先生
すごくキャッチー。私もそのネーミングセンス気に入ってる。

ナス子
デリケートゾーンの黒ずみもパンツの跡でできるし、アットノンでなくせたりしますか?

ミト先生
アットノンの成分を見る限りあまりデリケートゾーンの黒ずみに効果はなさそう……。

アットノンによるデリケートゾーンの黒ずみ改善法|成分や効果、副作用

はじめにアットノンexの値段や成分、効果などの基本情報を紹介します。アットノンは、デリケートゾーンの黒ずみ改善における総合評価は低め。アットノンは美白の商品でなければ、デリケートゾーン専用商品でもありません。

値段 税抜1,300円
改善にかかる日数 約1年以上
主要成分
  • ヘパリン類似物質(ターンオーバー促進)
  • ワセリン(保湿)
  • グリチルリチン酸二カリウム(抗炎症)
安全性
  • デリケートゾーン専用ではない
  • 発疹やかゆみの副作用リスクあり
使用感 ベタつかないけど、しっとり感もある
おすすめの方
  • ターンオーバーが遅れている方
  • 1年以上お手入れを継続できる方
  • 改善にあまりお金をかけたくない方
買えるお店

アットノンはデリケートゾーンの黒ずみに効果があるのか?口コミ調査

ツイッターとアットコスメで、アットノンを使ったデリケートゾーンの黒ずみ改善に関する口コミを調べました。本当にアットノンは、デリケートゾーンの黒ずみへ効果があるのか検証します。

アットノンのツイッターの口コミ

顔のシミにアットノン塗り続けてビタミンC化粧水とビタミンC美容液を美顔器で叩き込んでたらシミが消えてきたよ、、、しゅごい、、、

体のシミやホクロ除去跡にはアットノンを使ってます。少しずつ薄くなってる事を実感。

VIOの部分が黒くなってしまってニベアとかアットノンとか使っても消えません。

ナス子
ミト先生ー!ツイッターで、アットノンの美白効果が口コミされていますよ!

ミト先生
「デリケートゾーンの黒ずみにアットノンは効果がない」って口コミもあるけど。

アットノンのアットコスメの口コミ

肌の傷がシミになってしまったので購入。使い続けて一年半になります。コスパはとても良いです。シミも心なしか薄くなってきたような?

1ヶ月近く毎日1回ずつ塗り続けてますがどんどん傷跡が小さくなっています。

約1ヶ月もすると傷跡もすっかり薄くなり今では何処に傷があったのか分からなくなるくらいになりとっても驚いています!

ナス子
アットコスメだと、「傷跡に効果を感じた」って口コミが多かったです。

ミト先生
アットノンは傷跡を改善するための商品だもんね。

アットノンの成分からわかったデリケートゾーンの黒ずみへの効果と安全性

アットノンの成分を調べたところ、デリケートゾーンの黒ずみにゆるやかな改善効果が望めるとわかりました。ただアットノンには、に刺激を与える添加物が入っている点は要注意です。

アットノンの全成分

成分・分量

成分(100g中) 分量 はたらき
ヘパリン類似物質 0.3g ターンオーバー促進作用、血行促進作用、水分保持作用があります
アラントイン 0.2g 傷ついた皮ふ組織の修復を助けます
グリチルリチン酸ニカリウム 1g 肌の炎症を鎮めます

添加物として、セタノール、ステアリルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、スクワラン、ミリスチン酸イソプロピル、ジメチルポリシロキサン、自己乳化型ステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリソルベート60、カルボキシビニルポリマー、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、パラベン、エデト酸Na、トリエタノールアミンを含有する

アットノンの成分と期待できる効果

成分 期待できる効果
ヘパリン類似物質 肌の内側に届きやすいヘパリン類似物質は、保湿・抗炎症・血行促進と3つの作用をもつ。乾燥や肌荒れ、ターンオーバーの乱れに効果的なので、ゆるやかな黒ずみの改善も望める。
炎症やかゆみの副作用リスクがある。
アラントイン アラントインは、人間以外の哺乳類の体内にあるプリン代謝物。角質を増やすことで傷を修復し、肌荒れや乾燥、炎症などの改善が望める。肌を柔らかくする効果も期待できる。
グリチルリチン酸ニカリウム カンゾウの根茎由来のグリチルリチン酸ニカリウムは、代表的な抗炎症成分。炎症によるデリケートゾーンの黒ずみ改善が望める。
セタノール パーム油からとれるセタノールは、製品の状態をよくするために配合される。他成分を乳化させ、テクスチャを高める。肌が炎症・乾燥している方は、まれにアレルギーやかぶれを起こす恐れあり。
ステアリルアルコール パーム油由来のステアリルアルコールも、セタノールと同様、乳化や使用感調整を目的に配合される。炎症や乾燥時は、アレルギーやかぶれを起こす恐れがある。
ワセリン 石油から抽出されるワセリンは、皮膚内の水分蒸発を守り、肌を柔らかくする。肌を外部刺激からも守る。
ベタつきがあるため、デリケートゾーンに向かない。米国の医療系の学会では「脂漏性皮膚炎の方に不向き」とされています。
流動パラフィン 石油からできる誘導パラフィンは、「ミネラルオイル」とも称される。製品の基材となり、製品の使用感をよくする。肌を柔らかくする効果が望めるものの、浸透しにくい特徴をもつ。
スクワラン スクワランはサメや植物からの抽出、科学的な技術で生成される成分。肌馴染みがよく保水性に優れており、サラっとした使用感が特徴。
ミリスチン酸イソプロピル ミリスチン酸イソプロピルは脂肪酸エステルの一種。他の油性成分と馴染みやすいため溶剤として使用される。製品に加えることで、さっぱりと軽い付け心地にする。
ジメチルポリシロキサン シリコーン油の一種ジメチルポリシロキサンは、サラっと伸びのいい使用感が特徴。水分を弾き、乳化の際できる泡を消す。
自己乳化型ステアリン酸グリセリン 自己乳化型ステアリン酸グリセリンは、非イオン界面活性剤で、乳化目的で使用される場合が多い。
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 非イオン界面活性剤のポリオキシエチレン硬化ヒマシ油は、皮膚内への浸透しやすく、他成分を混ぜやすくする。
ポリソルベート60 非イオン界面活性剤のポリソルベート60は、製品の乳化性を高め、有効成分を溶かしやすくする。
カルボキシビニルポリマー 化学合成によって作られる水溶性成分。カルボキシビニルポリマーは酸性のため、アルカリ性成分を中和させ、製品の増粘性を高める。
1,3-ブチレングリコール 1,3-ブチレングリコール(BG)は、代表的な保湿成分の一つ。雑菌の抑制作用により製品を腐りにくくする。保湿作用により、徐々に黒ずみが改善される可能性もある。
プロピレングリコール 多価アルコールのプロピレングリコールは、さっぱりした使用感なのに保湿効果が望める。抗菌性もあるため防腐剤の代用にもなる。まれにアレルギー反応を起こす恐れがある。
パラベン パラベンは製品の保存性を高めるために配合される添加物。肌に刺激をかける恐れもあるため、配合量が制限されている。
エデト酸Na ジアミン誘導体のエデト酸Naは、金属イオンの性質を弱め、製品の状態をよくする。
トリエタノールアミン トリエタノールアミンは、水に溶けやすい性質をもつアンモニア由来の成分。中和作用により、増粘性を高める。肌が炎症している際はアレルギーに注意。

アットノンの3つのメリット

アットノンはデリケートゾーンの黒ずみが、皮膚のターンオーバーの遅れにより起きている方には効果があると思われます。他にも保湿効果が高く抗炎症作用などの特徴があるので、デリケートゾーンが乾燥する方や炎症を起こしやすい人にもアットノンはピッタリです。

アットノンのメリット1.ターンオーバー促進によるデリケートゾーンの黒ずみ改善

アットノンの有効成分「ヘパリン類似物質」は、血行促進作用によるターンオーバーの改善が望めます。ターンオーバーが整った肌は、メラニンを排泄しやすいため、デリケートゾーンが黒ずみにくいです。アットノン自体に美白効果はありませんが、徐々に黒ずみのない肌にかわる可能性はあります。

アットノンのメリット2.炎症によるデリケートゾーンの黒ずみを改善

抗炎症成分を配合したアットノンは、デリケートゾーンの黒ずみ予防が望めます。デリケートゾーンの黒ずみは炎症により起こるケースもあるからです。ちなみにアットノンには「アラントイン」「グリチルリチン酸ニカリウム」2つの抗炎症成分が配合されています。

アットノンのメリット3.保湿成分配合だからデリケートゾーンが黒ずみにくくなる

アットノンは保湿によるデリケートゾーンの黒ずみ改善も期待でき、以下4つの保湿成分が配合されています。

  • ヘパリン類似物質
  • スクワラン
  • 1,3-ブチレングリコール
  • プロピレングリコール

ただ保湿成分は美白効果がないため、黒ずみ改善をサポートするだけです。乾燥でデリケートゾーンが黒ずんでいる方は、多少効果を実感できるでしょう。

ナス子
ミト先生はアットノンの成分をどう思いますか?

ミト先生
美白成分が入っていないから、デリケートゾーンの黒ずみには効果が弱いと思う。

ナス子
そうなんですね。安全性はどうでしょう?

ミト先生
副作用リスクのある成分や、アレルギーリスクのある成分が入っている点が気になった。デリケートゾーンにアットノンは塗らない方がよさそう……。

アットノンでデリケートゾーンの黒ずみを改善できるか?7日間使った方の口コミ

アットノンの効果や使用感を知るには実際使う必要があります。そこでナースカフェ読者の由紀恵さん(試用希望の方)に、7日間アットノンをデリケートゾーンの黒ずみへ使ってもらいました。7日間試用してもらい、アットノンは保湿力が高いとわかりました。

アットノンでデリケートゾーンの黒ずみを改善するための使用方法

■用法・用量
1日1~数回、適量を患部にすりこむか、又はガーゼなどにのばして貼ってください

アットノンは1日2回、朝と夜にデリケートゾーンへ塗るとよいです。デリケートゾーンを洗い、清潔な手がアットノンを塗り伸ばします。ガーゼで貼るアットノンの使用法は、デリケートゾーンが蒸れそうなので推奨しません。

アットノンをデリケートゾーンの黒ずみに塗る時の注意点

■用法・用量に関連する注意
(1) 使用のつどキャップをしっかりしめること
(2) 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
(3) 目に入らないように注意すること
万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること
(4) 外用にのみ使用すること

アットノンは、傷をキレイに治すのが目的の商品です。そのため正しい使い方をしないと逆効果やトラブルになる可能性もあります。

1.次の人は使用しないこと
(1)出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)の人
(2)わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される人(血液凝固抑制作用を有し出血を助長するおそれがある)
2.次の部位には使用しないこと
目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)

アットノンには血液を固まりにくくする成分が配合されているので、デリケートゾーンに傷があり、出血している場合は使用しないでください。また、発疹やただれがひどいばあいは使わない方がよい場合もあります。

アットノンはデリケートゾーンにトラブルが無い状態の時に使用しましょう。適量を患部に使用しますが、粘膜部分にはアットノンを使用できませんので膣に近いIラインには使わないでください。

7日間デリケートゾーンの黒ずみへアットノンを使用してわかったこと

7日間毎日デリケートゾーンの黒ずみにアットノンを塗り、どんな肌の変化があったか紹介します。アットノンをデリケートゾーンに使ったのは、ナースカフェ読者の由紀恵さん(試用希望の方)です。試用してもらった結果、アットノンは「デリケートゾーンの保湿効果が実感できる」とわかりました。

初日

朝と寝る前にアットノンを、デリケートゾーンの黒ずみに塗っています。アットノンは伸びもよく、肌にしみたり痒くなったりしません。今の所、トラブルなく使用しています。

3日目

アットノンは保湿成分も入っているので、毎日塗っているとデリケートゾーンがしっとりします。3日しか使用していないので当たり前ですが、デリケートゾーンの黒ずみは変わりなしです。

7日目

はじめは保湿力しか感じませんでしたが、アットノンを1週間使いデリケートゾーンの肌がツルツルしてきました。

ナス子
なんでアットノンを塗ったら肌がツルツルになったんですか?

ミト先生
アットノンには「ヘパリン類似物質」と「アラントイン」が入っているから。

ナス子
なるほど~。

ミト先生
その2成分はターンオーバー促進と傷の修復作用が望めるから、新しい肌に変わったのね。

アットノンがデリケートゾーンの黒ずみ改善に向かない2つの理由

アットノンは赤みや痒みの副作用を起こす場合があります。デリケートゾーンは皮膚が薄いため、アットノンを使用しない方よいでしょう。デリケートゾーンの黒ずみを改善する効果も、アットノンは弱いです。

アットノンがNGな理由1.肌に副作用を起こす恐れがある

使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ、はれ

アットノンは肌に副作用を起こす恐れがあります。以下に該当する方は、アットノンの副作用リスクが高くなります。

  • 患部に傷がある
  • ただれがひどい
  • 過去に薬などでアレルギー症状を起こした
  • 皮膚などの治療を受けている

とくに粘膜部(デリケートゾーンのIゾーン)には使用しないでください。

ナス子
うーん、アットノンはデリケートゾーンの乾燥にはいいんだろうけど、肌が荒れたら怖いから私は使わないことにします。

ミト先生
化粧品や医薬品は本来の用途で使うのが1番。

アットノンがNGな理由2.陰部の黒ずみ改善に1年以上かかる

アットノンはターンオーバーや乾燥、炎症の改善が望めます。アットノンを使用すれば、肌の機能が整い、デリケートゾーンが黒ずみにくくなる可能性はあります。

しかしデリケートゾーンの黒ずみを改善する美白成分が、アットノンには入っていません。そのためアットノンはデリケートゾーンの黒ずみを改善するのに、1年以上かかります。

アットノンはデリケートゾーンの黒ずみ改善に向かない!

傷を治す効果が高いアットノンは、第2類医薬品ですし信頼性も高いです。

アットノンの特徴をまとめます。

  • 傷を治す効果はある
  • 美肌効果も期待できる
  • 短期間の黒ずみ改善は難しい
  • 粘膜部には使用できない

アットノンには美白成分が入っていませんので時間はかかるのですが、ターンオーバーの遅れでデリケートゾーンが黒ずんでいる方には多少効果があります。

早く確実にデリケートゾーンの黒ずみを何とかしたい方は他の方法を試してみましょう。

アットノンexの値段や販売店|お得に買えるお店を紹介

アットノンexをお得に買える販売店を知るために、以下の通販サイトで在庫と価格を調べました。

  • 公式サイト
  • アマゾン
  • 楽天
  • ヤフー
  • アットコスメ
  • マツキヨ
  • ドンキ
  • ロフト

各販売店のアットノンex(15g)の値段や送料

公式サイト アマゾン 楽天 ヤフー アットコスメ マツキヨ ドンキ ロフト
商品代
(送料)
なし 1,208円
(無料)
996円
(598円)
982円
(594円)
なし 1,100円
(550円)
なし なし
合計 なし 1,208円 1594円 1576円 なし 1650円 なし なし

※商品代は税込価格で表示しています
※送料は配送先が東京の場合
※2019年11月調べ

アットノンexをお得に買えるのは「アマゾン」です。アマゾンのアットノンは、商品代が1,208円しますが送料は無料です。

アットノンexに関するQ&A

アットノンは傷を目立たなくする医薬品として知られていますが、デリケートゾーンの黒ずみで使用する事ができるのでしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみへ使う時に気になるアットノンのQ&Aを紹介します。購入に不安がある方は参考にしてください。

アットノンは中学生や高校生でも使用可能ですか?
目安としては生後6ヵ月から使用して頂けます。
アットノンの主成分ヘパリン類似物質に年齢制限などはありません。
傷などが治っていない状態で使用してもよいですか?
アットノンは血液が固まりにくくなる成分が配合されているので、血が出ている状態ではお使いいただけません。
かさぶた等が自然に取れて傷が治りかけくらいからご使用頂けます。
アットノンはケロイドに効果がありますか?

アットノンの効果効能には「ケロイド」の記載がないため、効果は望めないでしょう。

きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指の荒れ、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛

毎日使っても皮膚トラブルは起きませんか?
肌が弱い、アレルギーがある等場合を除き、毎日アットノンを塗っても皮膚トラブルが起こることは基本的に無いです。
アットノンは、ターンオーバーに合わせて使うので1ヶ月以上のご使用が目安になります。
妊娠・授乳中でもアットノンを使って大丈夫でしょうか?
アットノンは妊娠中や授乳中でもご使用いただけます。
ただし妊娠中は肌が敏感になっていますので、異変を感じたら直ちに中止してください。
他製品と併用しても大丈夫でしょうか?
他製品と併用すると皮膚にトラブルが起こる可能性がありますので、アットノンは単独で使用してください。
アットノンとアットノンexの違いは何ですか?
「アットノン」は製造中止され、2017年2月より「アットノンex」にリニューアルされました。アットノンとアットノンexの大きな違いは、有効成分数と使用感です。アットノンexは有効成分アラントインを新たに加え、伸びのいい使用感へとかわりました。
参考元:小林製薬株式会社の公式サイト
ナースカフェ内のおすすめページ

Twitterでフォローしよう